成長因子を増やす

成長因子を増やすと圧倒的に抜け毛が減る理由

 

成長因子を増やすとなぜ圧倒的に抜け毛が減るのか?

 

それは

 

「髪が育ち続ける為の期間である成長期が長くなるから」
「対策によっては男性ホルモンDHTをも凌駕してしまうから」

 

です。

 

 

さて、おそらく抜け毛で悩む男性の大半が

 

5αリダクターゼ対策に取り組んでいる事と思います。

 

 

5αリダクターゼの活性を抑えれば、抜け毛・薄毛の根本原因である

 

男性ホルモンDHTが増えないので、日々の抜け毛を減らすことが期待できます。

 

 

ですが、完璧な5αリダクターゼ対策なんてないんですね。

 

 

AGAというのは、男性ホルモンDHTの量に比例して抜け毛が増えるわけでは

 

ないので、人によってはごくわずかな男性ホルモンDHTが残っているがために

 

抜け毛が止まらない、ということもありえます。

 

 

「5αリダクターゼ対策をしているのになぜ抜け毛が減らない」

 

と言う方はまさにそうです。

 

 

根っからの薄毛体質の可能性が高いですね。

 

 

では、根っからの薄毛体質の方が今後どのようにして

 

抜け毛・薄毛と戦っていかなければないらないのか?

 

 

それがタイトルにもあるように「成長因子を増やす」

 

ということなのです。

 

 

まず、成長因子とは何なのかと言うと、

 

髪の毛の成長に不可欠な物質であり、育毛している男性の多くが

 

成長因子を増やす育毛を取り入れていないという事実。

 

 

男性ホルモンDHTという物質は、単純に抜け毛を増やすんだろう

 

といことで知っている方は多いと思うのですが、

 

 

この物質が成長因子を減らし、その結果、髪の毛の成長期が短くなって

 

抜け毛が起こるということまで知っている方は意外と少ないのでは

 

ないでしょうか?

 

 

お分かりの通り、

 

成長期が短くなるということは寿命が来るのが早いということなんですね。

 

なので、成長途中で抜けてしまうだけでなく、抜けて生え変わった後も

 

短くなった成長期のままヘアサイクルを繰り返してしまうということ。

 

 

では、この状態に成長因子を増やすとどうなるか?

 

 

髪が育ち続ける為の成長期が長くなり、軟毛どまりだった髪も

 

再び太く長く力強く育ち始めます。また髪の毛が成長し続けているので

 

当然ながら髪が抜けてしまう事はありません。

 

 

さらに言うと、成長因子を増やす育毛に特化すれば

 

多少男性ホルモンDHTが残っていても、成長因子が凌駕してしまうので

 

抜けずに育つという効果が大いに期待できるのです。

 

 

成長因子育毛が最強です!!

 

 

実は、2016年9月にイクオス育毛剤がリニューアルされたのですが、

 

なんと成長因子育毛が出来る成分が加わり、天然育毛剤の中では

 

最強だと言われるまでにパワーアップしました。

 

 

しかも、新たに処方されたアルガス2と言う成分は世界初の処方だそうです。

 

正直、これは薄毛男性に朗報だと言っても過言ではありません。

 

 

>>【全額返金付】新しいイクオスの詳細はコチラ<<