アミノ酸不足は抜け毛の原因

髪の毛が成長しないまま抜ける原因とは?

髪の毛が成長する前に抜けたり、

 

すぐに抜けたりする原因って気になりますよね?

 

 

結論から言うと
アミノ酸不足が原因の1つだと言われている
ということです。

 

 

髪が成長期を全うし、休止期に入って抜け落ちるのは

 

自然な流れですが、髪の毛が成長期を全うすることなく

 

 

細くて短いまま抜け落ちてしまう場合があるんですね。

 

 

実はそれが薄毛に繋がる理由でもあるのです。

 

 

さて、重要なので2度言いますが、

 

髪の毛が成長する前に抜ける原因の一つが

 

アミノ酸の不足」だといわれています。

 

 

アミノ酸不足になると、髪の毛が早くに抜けてしまう事が

 

研究でもわかっているそうです。

 

 

あなたも髪の毛の形成要素であるアミノ酸が不足すると、

 

髪の毛が成長する前に抜け落ちたり髪が細くなったりする

 

のはイメージできるかと思います。

 

 

必死で育毛して頭皮環境を整えても、

 

産毛が伸びない

髪が太くならないのは

 

アミノ酸不足によることが意外に多いということです。

 

栄養補給して「ケラチン(※1)」を蓄えることが重要かと。

 

 

なぜなら髪の毛は

 

毛根の毛母細胞がケラチンを蓄え、細胞を上に押し上げる

 

ことによってぐんと縦に伸びるからですね。

 

 

天然育毛剤イクオスでアミノ酸不足を解消しよう!

 

 

イクオスなら育毛において総合的なケアが期待できます。

 

 


>>全額返金付でイクオスを試したい方はコチラ!

 

 

 

 

 

※1 20種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質のこと。