イクオスはAGAにどう?

イクオスがAGAに期待できる理由を詳細に書いてみた!

ところで抜け毛で悩む貴方は疑問に感じたことはありませんか?

 

 

なぜ、前頭部や頭頂部では抜け毛が起こるのに

 

側頭部や後頭部では抜け毛が起こらないし薄毛にもならないんだろうと。

 

 

ズバリ!「側頭部や後頭部が薄毛にならないのは、
男性ホルモン受容体がない部位だから
」です。

 

 

では、男性ホルモン受容体って一体何なのか?というと

 

説明が難しいので髪の毛の成長に作用し、影響を及ぼすもの

 

だと理解して頂ければ大丈夫です。

 

 

なので、受容体がない部位である後頭部や側頭部は薄毛に

 

なりませんし、前頭部や頭頂部は受容体が存在するので

 

抜け毛や薄毛になる可能性があるのです。

 

 

これを踏まえて抜け毛が起こるメカニズムについてお伝えします。

 

 

AGAによる抜け毛が起こるメカニズム

 

AGAは通常の男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が

 

結びつき、悪玉の男性ホルモンDHTに変化することから始まります。

 

 

そして男性ホルモンDHTという物質の理解が重要!!

 

 

まず、抜け毛・薄毛の根本原因は「男性ホルモンDHT」であることは

 

間違いないんですが、

 

男性ホルモンDHTの量がAGAを引き起こすとは限らないということ。

 

 

DHTが多くても抜け毛が起こらない人は起こらない

DHTが少なくても抜け毛が起こる人は起こる

 

 

つまり、こういうことです。

 

 

先程お伝えした男性ホルモン受容体が男性ホルモンDHTを受け取り

 

遺伝子に作用した結果、

 

成長因子が増える人と脱毛因子が増える人に分かれるんですね。

 

 

遺伝的に

 

@男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性が強い人は
脱毛因子が増えて抜け毛が増えますし

 

ADHTに対する感受性が弱い人は成長因子が増えて
髪の毛が普通に成長するということ。

 

Bそして脱毛因子が脱毛指令を発するから抜け毛が起こるということ。

 

 

《簡単に言うと》

AGAによる抜け毛が起こるのは?

 

@きっかけは男性ホルモンDHTが出来るから

 

A最終の脱毛指令を発するのが脱毛因子

 

《対策としては》

@5αリダクターゼの活性を抑えて男性ホルモンDHTを
増やさないこと。DHTがゼロであればAGAは起こらないが
ゼロにならないから抜け毛が起こる

 

↓ なので

 

A脱毛因子を削減し、脱毛指令を発しないようにさせる。

 

脱毛因子はある一定量を増えると脱毛指令を発するのですが
ある一定量増えなければ脱毛指令は発しないということに。

 

ここまでやればAGAによる抜け毛が起こらないということです。

 

 

そしてリニューアルされたイクオスは

@5αリダクターゼの抑制

 

に加え

 

A脱毛因子の阻害
B成長因子の活性化

 

が追加されました。

 

 

薄毛の遺伝子を受け継いでいる人は

 

脱毛因子の量が成長因子の量を上回るから抜け毛と薄毛化が起こります。

 

ですが、

 

脱毛因子を阻害し、成長因子を増やせば

 

徐々に脱毛因子の量を成長因子が上回り回復傾向に傾きます。

 

 

イクオスってAGAに期待できると思いませんか?

 

 


>>全額返金付でイクオスを試したい方はこちら!