ヘアサイクルとAGA対策

ヘアサイクルとAGA対策について

 

髪の毛が生えると2〜5年かけてぐんぐん成長しますが、

 

その後は成長が止まり、やがて抜け落ちます。

 

そして抜けたところからまた新しい髪が生える。

 

これがヘアサイクルであり、発毛と脱毛を繰り返しているんですね。

 

●成長期

 

髪の毛が成長する時期(2年から5年)

 

●退行期

 

髪の毛の成長が止まる時期。(2〜3週間)

 

●休止期

 

髪の成長が終わり抜けるのを待っている状態

 

(長くても3か月以内にはシャンプー等で抜け落ちます)

 

男性型脱毛症のスイッチが入ると髪の毛の成長期が極端に短くなります。

 

2年以上かけて1周するヘアサイクルが2年未満になるので

 

 

髪の毛が成長せずに軟毛どまりで抜け落ちることになります。

 

 

しかも、新しい成長期が来るたびにさらに成長期が短くなるので

 

徐々に産毛化して次第には目では見えないくらいに髪は小さくなるのです。

 

 

このような髪がたくさん増えると

 

生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったり、前頭部も頭頂部も

 

薄くなったりするのはイメージできるかと思うんですね。

 

 

さて、いわゆる典型的なハゲになることをAGAと言いますが

 

このAGAを攻略するためには5αリダクターゼ対策と成長因子の活性化に

 

かかっています。

 

5αリダクターゼ対策とは髪の毛の成長にかかったブレーキを

 

解除するケアです。

 

成長因子の活性化とは短くなった成長期を長くする対策です。

 

この2つを同時に攻める育毛法が自宅育毛の中では最強であり

 

その対策成分がしっかり入った育毛剤がイクオスです。

 

 


>>イクオスの詳細はこちら!