ベビーシャンプーを大人が使用

ベビーシャンプーが気になる大人のあなたへ

抜け毛がひどくて悩んでいるアナタにお聞きします!

 

抜け毛がひどくなる原因とは一体何でしょうか?

 

《抜け毛が起こる原因一覧》

 

@焼けど ⇒ 毛根が破壊される ⇒ その場合もう生えない

 

A過度のストレス・ダイエット ⇒ 毛根機能低下 ⇒ 抜け毛

 

B頭皮の不潔 ⇒ 毛根炎症 ⇒ 脂漏性脱毛

 

C男性型脱毛症 ⇒ DHTの増加で髪の毛の成長ストップ ⇒ 薄毛

 

このサイトの運営者である私は、シャンプーに配合されている

 

洗浄成分による刺激が、抜け毛の原因だと勘違いしていました。

 

 

そこで、

 

 

「赤ちゃんが使えるシャンプーなんだから、当然

 

大人の私が使っても安心だろう」


 

と、頭皮に対して低刺激な成分で構成される

 

ベビーシャンプーに変えてみることしたんです。

 

 

が、しかし・・・

 

赤ちゃん用のシャンプーに変えても抜け毛は減りませんでした。

 

 

そうなんです、抜け毛の原因はシャンプーの刺激成分ではなく、

 

他に原因があるからですね。

 

 

さて、ベビーシャンプーは頭皮に優しいケアとしてなら

 

最適かもしれませんが、大人になってから起こる抜け毛

 

に対しては殆ど効果は得られません。 

 

 

なぜなら、抜け毛の問題は頭皮上の問題だけではないからです。

 

 

では、成人の男女が悩む抜け毛の原因とは一体何か?

 

それをここから見ていきましょう!

 

 

▼男女兼用の育毛剤をすぐに確認したい方はこちら

 


>>技術が高い育毛メーカーの育毛剤の詳細はこちら!

 

 

 

抜け毛を引き起こす2つのケース

 

まず、抜け毛がひどくなる原因が、

 

シャンプーの成分にあるケースを見ていきましょう。

 

 

シャンプーの強い洗浄力や脱脂力は、

 

頭皮の皮脂をごっそりと取り去ってしまいます。

 

通常、皮脂は頭皮の水分が蒸発しないように

 

保護膜の役割を果たしていますから、皮脂が不足すると

 

水分が蒸発して頭皮が乾燥するんですね。

 

 

乾燥すると今度は、

 

皮膚の防衛機能が作動し、頭皮を潤すために不必要な

 

皮脂までどんどん分泌させるのです。

 

すると過剰皮脂状態となり、いわゆる脂性肌になるんですね。

 

 

その結果

 

 

過剰ににじみ出た皮脂によって

@頭皮は炎症を起こし頭皮状態は悪化しますし

 

A皮脂によってふさがれた毛穴には常在菌が繁殖しやすくなり、

 

毛根が根腐れを起こすことで抜け毛が増えるケースがあります。

 

このケースの抜け毛対策は、

 

適度な洗浄力のアミノ酸系や、超低刺激な

 

ベビーシャンプーに変えることで

 

頭皮の状態が徐々に正常になり、抜け毛が減る

 

可能性があるかもしれせんね。

 

 

ただ・・・・大人になってから悩む抜け毛というのは

 

円形脱毛症や抗がん剤、過度なストレス、シャンプー

 

によるものを除いては、ホルモンにより起こる抜け毛の場合が殆どです。

 

 

ズバリ!女性の場合の抜け毛は、

 

女性ホルモンのバランスが乱れ、相対的に増える

 

男性ホルモンの影響により起こっているということ。

 

 

男性の場合はAGAという男性型脱毛症が発症し、

 

男性ホルモンDHTの増加がきっかけで抜け毛が起こっているのです。

 

 

なので、ベビーシャンプーといった低刺激シャンプー

 

に変えたところで抜け毛は減らないんですね。

 

 

大人の女性の抜け毛の原因

 

抜け毛や薄毛の問題は、

 

もはや男性だけの特殊な問題ではありません。

 

最近は女性でも薄毛になる人が増えてきたんですね。

 

女性の脱毛症の原因は1つではありませんが、

 

多くの場合、男性と同じように男性型脱毛症である

 

ケースがほとんど。(女性型AGA)

 

そうなんです。男性と同じように男性ホルモンの作用で

 

髪が抜けて薄毛になってしまうケースが多いんですね。

 

 

▼男性の抜け毛の原因は下記ページで詳しく解説します!

 


>>DHTを減らすだけでは薄毛は解決しないって!?

 

 

薄毛スイッチを解除することが抜け毛減につながる

 

抜け毛・薄毛において「男性ホルモンDHT

 

という悪玉の存在は見過ごすことはできません。

 

 

この男性ホルモンDHTは

 

通常の男性ホルモンが、「5αリダクターゼ」という

 

酵素と結びつくことによって変換させられます。

5αリダクターゼと出会わなければ男性ホルモンDHTは生まれません。

 

 

この男性ホルモンDHTは、体毛やムダ毛関しては

 

太く濃くしてくれますが、

 

なぜか頭髪に関しては薄くするという悪玉な存在。

 

 

しかも、毛根で脱毛物質を増やし、ヘアサイクルの成長期を

 

短くして髪の毛の寿命を早めるのです。

 

 

また、この5αリダクターゼという酵素の活性の強さは

 

高い人と低い人がいて、遺伝的に活性が高い人は比例して

 

DHTも多くなり、抜け毛が増え、薄毛になりやすい

 

ということになります。。

 

 

さて、抜け毛が多くなり、次第に頭髪が薄くなる現象を

 

男性型脱毛症(AGAエージーエー)”と専門用語で言われていますが、

 

 

これと同じ事が女性の頭髪で起きてしまっているんです。

 

 

私はこの現象を「薄毛スイッチが入った状態

 

と勝手に呼ばせてもらっています。

 

 

当然、このスイッチが入ってしまったら

 

解除しない限り抜け毛は止まりません。

 

 

多くの女性が何気に育毛剤を使っても抜け毛の進行を

 

食い止めることができず

 

徐々に髪の毛のボリュームが減らしてしまうのは、

 

薄毛スイッチを解除しないまま育毛を続けているからです。

 

 

 

だからこそ、このサイトに訪問されたアナタだけは、

 

的違いな抜け毛対策をされないように、

 

女性の抜け毛対策において的を射た

 

「5αリダクターゼ対策」についてお教えします。

 

 

これが薄毛スイッチを解除する本当の方法であり、

 

女性の抜け毛を減らす対策なのです。

 

※もちろん、イソフラボンを摂取は日々やってくださいね♪

 

 

真の抜け毛対策「5αリダクターゼ対策」

 

5αリダクターゼ対策ができる代表的なAGA治療薬といえば、

 

プロペシア(フィナステリド)が世界的にも有名ですよね?

 

 

日本でも2005年に発売され、医師の処方箋があれば

 

購入することが可能です。

 

 

効能としては・・

 

5αリダクターゼの活性を弱め、男性ホルモンDHTをたくさん

 

作らせないようにすること。脱毛物質の産生を防ぐことで

 

抜け毛が起こらないようにするんですね。

 

 

ただ、女性に対しプロペシアの服用は禁止されています。

 

 

残念ですが、女性には脱毛予防を目的とした内服薬がないため、

 

外からの対策が重要になってくるのです。

 

 

なので、内服薬による治療ができない女性には

 

オウゴンエキスが入った育毛剤で対策する

 

という方法を提案します。

 

 

オウゴンエキスには“5αリダクターゼの活性を弱める効果”が

 

期待できますし、なにより天然由来の植物エキスなので

 

副作用の心配も殆どないんですね。

 

 

 

もし、今日まで

 

薄毛になるマイナス要因(男性ホルモンDHT)を減らしながら育毛する、

 

という発想がなかったのでしたら

 

この育毛剤はアナタに役立つかもしれません。

 

 

イクオスといって、成分の品質が高くモンドセレクション金賞を受賞した

 

今一番売れている育毛剤であり、毛量で悩む30代、40代以上の

 

女性に熱く支持されているんですね。

 

 


>>その証拠はこちら口コミをご確認ください!

 

 

 

いま、管理人もイクオスを愛用していますが、

 

イクオスがきっかけで髪の毛にハリやコシのようなものが出てきました。

 

使用感もよく、サラサラした育毛剤で、香りも殆ど気にならない育毛剤、

 

お風呂の温浴効果によって開いた毛穴の中に、

 

オウゴンエキスを配合させた育毛剤を毎日染み込ませました。

 

そしたら1回のシャンプーで30本以上抜ける髪の毛が、

 

イクオスを使い始めてから、徐々に気にならなくなりホッとしました。

 

 

アナタも一度試してみませんか?世界が品質を認めたイクオスは

 

頭髪の悩みに応える成分がしっかり配合された育毛剤です。

 

毛髪トラブルを育毛剤で対策されたい方必見です!

 

 

もちろん男女兼用で3か月も使えば友人にも教えたくなると思います。

 

 


>>そんなはずはないと思う方は詳細をご覧ください!